浴室のカビ対策


浴室のカビ対策として、有効なことをご紹介しましょう。

そもそも、なぜ浴室にカビが生えてしまうのでしょうか?
その理由は大きく3つあります。
○お風呂の室温がカビが繁殖しやすい温度(20〜30度)になっている
○お風呂の湿度がカビが繁殖しやすい湿度(80〜90%)になっている
○石鹸カスや毛髪、人のアカなど、栄養源となるものがたくさんある

つまり、浴室のカビ対策として有効な方法は、
この3つの理由を消していくことなのです。

では、対策方法を具体的に見ていきましょう。

○石鹸の飛び散りを洗い流す
お風呂の残り湯やシャワーを使って、壁や床にかけます。
シャンプーやボディーソープなどが残っている場合があるからです。

続きを読む
posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂場に赤カビが生えてしまったら…


風呂場に赤カビが生えてしまった…という経験がある方も多いと思います。
実は、赤カビは風呂場に発生することの多いカビなのです。
では、なぜカビは発生してしまうのでしょうか?
お風呂や浴室の床、ドアの隙間など、ピンク色になっていませんか?
実は、それはバクテリアなのです。
バクテリアは、湿った所が好きなので、赤や汚れに付着して繁殖していきます。
それが、赤カビの原因になってしまうのです。

風呂場で赤カビを防止するためには、重曹沸騰水を使うことが勧められています。
この重曹沸騰水と言うのは、名前の通り沸騰したお湯に重曹が混ざったもののことです。
お風呂から上がる時に、このお湯をかけておくとカビ予防にかなり効果的です。
また、換気をすることも大切です。
カビはじめじめしたところが大好きなので、お風呂などの湿気の多い場所は
繁殖しやすい場所になってしまうのです。
常に換気扇は回しておく方が良いかもしれませんね。

続きを読む
posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂の黒カビの落とし方


お風呂の黒カビに悩んでいるご家庭も、多いのではないでしょうか?
家の中でも、特にカビが発生しやすいのが「お風呂」です。
その理由は、湿度・温度・栄養、この3つがそろっているからです。

お風呂に発生した黒カビは、なかなか落とすことのできない、
厄介なカビです。
今回は、そんな黒カビの落とし方について、ご紹介したいと思います。

用意するものは、カビキラーなどの塩素系洗剤とラップの2つです。

続きを読む
posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂のカビの取り方


お風呂のカビの取り方について、見ていきましょう。

あなたは、お風呂にカビが生えているのに気づいた時、何をしていますか?
「すぐにカビ取り剤を使っている」と言う方が多いと思いますが、
実は、使わなくても取れるカビもあるのです。

ですので、カビを発見した時は、まず、スポンジでこすってみてください。
意外と取れてしまうと思います。
また、小さいお子さんがいると、カビキラーなどの
きつい成分が入っているものを使うことに抵抗がある方も多いと思いますので、
スポンジでこする」という方法は、とても安全な方法ですよね。

続きを読む
posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お風呂のカビとりの方法


お風呂のカビとりの方法をご紹介していきます。

お風呂にカビが生えていることに気づいた時、
「すぐにカビ取り剤を使っている」と言う方が多いのではないでしょうか?
しかし、スポンジなどで軽くこするだけでとれるカビもあるのです。

まず、カビを発見した時は、カビ取り剤を使う前に
スポンジでこすってみてください。
特に、小さいお子さんがいるご家庭は、カビキラーなどの
塩素系漂白剤を使うことに、抵抗がある方も多いと思います。
ですので「スポンジでこする」という方法は、とても安全で安心な方法ですよね。

続きを読む
posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。