餅のカビ防止の方法


餅のカビ防止の方法をご紹介しましょう。
 
は、すぐにカビが生えてしまうのでカビが生えないように、
何らかの対策を取る必要があります。
一番簡単な方法は、「冷凍すること」です。
解凍するのが面倒ですが、カビが生えにくくなります。

スポンサードリンク

また、密封容器に入れて保存してもOKです。
保存方法にポイントがあります。
スーパーなどに和からし粉と言うものが売っています。
それを購入して、少し硬めの和からしを作ります。
それを小鉢などに入れて、密封容器に入れます。
和からしが餅に付かないように、ザルなどをかぶして、
その上に餅を入れましょう。
密封容器がなければ、大きなビニール袋などで代用することができます。
水分が逃げてひび割れすることもないので、長期間保存したい場合に
オススメの方法ですよ。
3ヶ月程度は、保存することができるそうですよ!

また、餅のカビ防止に大切なことは、酸素を遮断することです。
ジップロックなど、しっかりと密封できるものを使うことで、
カビを防止することができますよ!
お菓子などに、酸素吸収剤が入っていますよね。
それを保管しておいて、餅を入れた密封パックに入れておくと、より効果的です。
酸素吸収剤は、身体に影響のないものなので、安心して使用できますよ!



posted by カビ取り at | 食べ物のカビや種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。