木製の物のカビの取り方


木製の物のカビの取り方について、ご紹介します。

「えっ!?木製の物にもカビが生えるの!?」と、
驚いている方もいると思います。

カビは家庭にあるものの、ほぼすべてに生える可能性があるものです。
ですので、木製の机やたんすなど、カビが生えるケースも考えられるのです。

カビを取ると言えば、塩素系漂白剤などのカビキラーやハイターなどでとることを
イメージする方が多いと思います。
もちろん、それでも良いのですが、木を傷めてしまう可能性もあるので、
できるだけ優しく落とせる物をご紹介します。

スポンサードリンク

それは、「エタノール」です。
エタノールを気がぬれるまでたっぷり拭き付けたら、放置して乾燥させます。
こうすることで、エタノールが蒸発して、カビが死んでいくのです。
最後は、乾いた布などで、カビをよく拭きとってください。
このとき、濡れぞうきんは絶対に使わないでくださいね!

また、エタノールを拭きつける前に、カビを拭きとってしまうと、
カビの胞子が広がってしまい、とれにくくなってしまうので、
カビを見つけたら、触らないようにしましょう。

また、カビ取りの作業をする時は、めがね・手袋・マスクなどを用意して、
換気をしっかりしてからおこないましょう。



posted by カビ取り at | お部屋の汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。