壁紙のカビの取り方を詳しくご紹介!


壁紙のカビの取り方についてご紹介します!
壁紙にカビがはえてしまうと、なかなかとれませんよね。
カビキラーを使う方法もありますが、
部屋で使うことに抵抗がある方も多いと思います。
特に、部屋で使うと臭いがきつくて、気分が悪くなってしまう人も多いようです。

古い建物の壁にはカビが生えやすいと言われているので、
今住んでいる建物が古い方は要注意です。
カビが好む梅雨時期になると、カビが生えてしまうかもしれません。

一般的に壁に生えるカビは、「黒カビ」と呼ばれるもので、
カビの中でも「落としにくいカビ」の部類に入ります。

しかし、あるものを使えばあっという間に
カビを落とすことができるのです!

スポンサードリンク

あるものと言うのは、「石鹸」です!

落とし方はとっても簡単。

まず、洗面器やバケツなどに、石鹸水を作って、ナイロンスポンジの硬い方に
よくしみこませてください。
それを使って、壁のカビをごしごしとこすっていきます。
こすっていくと、黒カビがどんどん取れていくのがわかると思います。

しかしここで注意するポイントがあります!
それは、黒カビが付いた水で壁を洗わないようにするということです。
黒い水でこすてしまうと、逆に黒カビをすりつけてしまうことになるので、
水が黒くなってきたら、新しいものに替えてくださいね!

最後は、キッチンペーパーなどでよく拭いて、乾燥させたら終了です。



posted by カビ取り at | 壁を綺麗にするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。