壁のカビ取りは「あれ」を使えば簡単に落とせる!


壁のカビ取りの方法をご紹介しましょう!
特に、古い建物のにはカビが生えやすいと言われているので、
「もしかしたら…」と思う方は、ここでカビ取りの方法を覚えておくと良いかもしれません!


一般的にに生えるカビは、「黒カビ」と呼ばれます。
カビの中でも厄介で、取るのが大変なカビと言われています。

しかし、「石鹸」を使えば、取るのが大変なカビでも
意外と簡単に取れてしまうのです!

スポンサードリンク

まず、洗面器やバケツなどに、石鹸水を作りましょう。
そして、ナイロンスポンジの硬い方にしみこませてください。
それを使って、壁のカビをごしごしこすります。
すると、黒カビがどんどん取れていくのがわかると思います。
黒カビが付いた水で壁を洗うと、逆に黒カビをすりつけてしまうことになるので、
水が黒くなったら、新しいものに替えてくださいね!

作業が終わったら、キッチンペーパーなど、厚手のもので水分と黒カビを拭きとっていきます。
このとき、しっかりと乾燥させるのを忘れないでください!

また、カビキラーと言うのも一つの方法です。
しかし、カビキラーは室内で使うと臭いがきつく感じてしまうので、
目や鼻が痛くなったり、気分が悪くなってしまう人が多いです。

しっかりと換気をして、使用方法に注意しながら使うのなら問題はありませんが、
石鹸の方が、安全に落とすことができるので、オススメですよ!



posted by カビ取り at | 壁を綺麗にするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。