壁のカビの掃除の仕方


壁のカビに悩んで、掃除をしようと思っても、
「どのように掃除をすれば良いのかわからない」と言う方も多いのではないでしょうか?
と言うのは、湿気を完全に取り除いてあげないと、
お風呂場だけではなく、どこでもカビが発生してしまう可能性のある部分なのです。
しかし、湿気を完全に取り除くことはできませんよね。
また、冬になると、加湿器を使うご家庭も多いと思います。
加湿器ばかり使う生活になると、かなりの確率でカーテンや壁にカビが発生してしまうので
気をつけなければなりません。

壁のカビは、普段から予防することが大切ですが、
もしもカビが生えてしまったときのことを考えて、掃除の仕方を知っておいた方が良いと思います。

スポンサードリンク

まず、カビが生えてきたな…と思ったら、
大匙2杯の重層を500mlのお湯で溶かして「重層水」を作ってください。
そして、その重層水をスプレー容器などに入れて、カビが生えた場所にスプレーします。
ほとんどの場合は、この方法でカビを落とせるのですが、
「どうしても落ちない」と言う時は、カビキラーを使うと良いでしょう。
部屋でカビキラーを使う場合、臭いがきつくて気分が悪くなってしまう方も多いので、
きちんと換気をしてくださいね!



posted by カビ取り at | 壁を綺麗にするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。