壁のカビの取り方をご紹介!


壁のカビの取り方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

壁にカビなんてはえるの!?」と、思う方もいると思いますが、実は、生えるんです…。
特に、古い建物の壁には生えやすいと言われており、
団地や市営住宅などに住んでいる方が多く悩んでいる問題だそうです。

壁に生えるカビは、「黒カビ」と呼ばれるもので、
取るのが少し大変なカビです。

しかし、あるものを使えば、簡単にとることができるのです。
そのあるものとは…?

「石鹸」です!

スポンサードリンク

石鹸水をナイロンの硬い方にしみこませます。
そして、壁のカビにこするだけで、どんどん取れていきます。
作業をしていると、すぐに水が黒くなってしまうので、
何度も新しいものを作りながら作業をするようにしましょう。
汚れたままの石鹸水で作業をすると、
黒カビをなすりつけるのと同じことになってしまいますよ。

作業が終わったら、キッチンペーパーなどで水分と黒カビを拭きとっていきます。
このとき、十分に乾燥させるのを忘れないでくださいね!

また、カビキラーを使うのも一つの手ですが、室内で使うと臭いがきつくて
目や鼻が痛くなったり、気分が悪くなってしまうことがあるので、
使わない方が良いかもしれません。
石鹸だと、何の影響もないので安心ですよね!


posted by カビ取り at | 壁を綺麗にするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。