風呂場に赤カビが生えてしまったら…


風呂場に赤カビが生えてしまった…という経験がある方も多いと思います。
実は、赤カビは風呂場に発生することの多いカビなのです。
では、なぜカビは発生してしまうのでしょうか?
お風呂や浴室の床、ドアの隙間など、ピンク色になっていませんか?
実は、それはバクテリアなのです。
バクテリアは、湿った所が好きなので、赤や汚れに付着して繁殖していきます。
それが、赤カビの原因になってしまうのです。

風呂場で赤カビを防止するためには、重曹沸騰水を使うことが勧められています。
この重曹沸騰水と言うのは、名前の通り沸騰したお湯に重曹が混ざったもののことです。
お風呂から上がる時に、このお湯をかけておくとカビ予防にかなり効果的です。
また、換気をすることも大切です。
カビはじめじめしたところが大好きなので、お風呂などの湿気の多い場所は
繁殖しやすい場所になってしまうのです。
常に換気扇は回しておく方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

また、お風呂から上がる時に冷たい水をお風呂全体にかけたり、
髪の毛や石鹸カスを取り除くことも良い方法です

また、水滴を全て拭いてから上がる…という方もいるそうですが、
冬場は寒くてできませんよね。

ですので、簡単にできることから始めてみてはいかがでしょうか。



posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。