布団のカビ防止方法


布団のカビ防止方法を知っていますか?

布団にカビを発生させない方法は、「湿気対策」が一番効果的と言われています。
あなたは布団を上げたり下げたり、押し入れに入れたり出したり…ということを
毎日していますか?
布団は、敷きっぱなしにしておくと、かなり湿度が上がってしまうそうです。
湿度が上がると言うことは、カビが発生しやすくなると言うことです。

スポンサードリンク

気をつけていても、布団にカビが発生してしまうことはよくあることです。
カビが好きな湿度は、70〜90%と言われており、
温度は、20〜30度の間が繁殖しやすいと言われています。
ですので、なるべく布団のある部屋だけではなく、
家全体の湿気を取り除いてあげるようにすると、カビ防止には効果的です。
また、湿度を50%に保つことも、カビを発生させないための方法の一つになります。
晴れの日には布団を干して乾燥させ、窓を開けて湿気がこもらないようにしましょう。

また、定期的に布団をクリーニングすることも有効です。
カビの栄養となるアカやほこりなどがとれるので、
カビが発生しにくくなります。
また、布団を干してたたいた後、さらに掃除機をかけるとより効果的です。
カビ防止だけではなく、ダニも一緒に取り除くことができますよ。



posted by カビ取り at | 服や布団などについた汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。