洗濯機のカビの取り方


洗濯機のカビの取り方について、ご紹介したいと思います。

そもそもなぜ洗濯機にカビが生えてしまうかご存知ですか?
その理由は3つあります。

(1)洗剤カスの残り
洗濯するときに、洗剤カスや服の糸くず、汚れなどが残ってしまいます。
すると、空気中に浮遊しているカビの胞子がそのカスを栄養にして、
洗濯機にカビをはやしてしまうのです。

(2)湿気
カビが発生しやすい湿度は70%以上と言われています。
特に、湿気が逃げにくい洗濯機は、カビが生えやすいのです。
また、表面にカビが見えていなくても、洗濯槽の裏にはカビが発生していることがあります。

スポンサードリンク

(3)温度
カビが発生しやすい温度は、25〜30℃くらいです。
洗濯機は深く、湿度も高くなりやすいので、温度も下がりにくいです。
ですので、カビが繁殖しやすい環境になってしまっているのです。

では、もうすでに洗濯機にカビが生えている時はどうするのか?

1番確実な方法は、洗濯槽用のカビキラーなどを使うことでしょう。
効果も目に見えてわかりますし、作業も簡単です。

また、重層を使うのも一つの手です。
50度くらいのお湯を洗濯機に入れ、重層を入れます。
そして、標準コースで回すだけです。
塩素系洗剤などよりも安全なので、小さいお子さんがいるご家庭にもオススメです。



posted by カビ取り at | 食べ物のカビや種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。