青カビに害はあるの?


青カビに害はあるのでしょうか?

青カビというと、ブルーチーズを思い浮かべる方が多いと思います。
ブルーチーズは食べ物なので、青カビを食べるのと同じことになりますよね。
つまり、身体に害はないのです。

カビというと、「体に悪い」「病気の原因になる」「不衛生」など、
マイナスイメージを持たれがちですが、実は良いカビ菌も存在するのです。
その代表的なのが、ブルーチーズですね。

スポンサードリンク

カビは微生物の仲間なので、食中毒などの原因になることもあります。
しかし、毒素のない微生物はワイン・ビール・日本酒・しょうゆ・みそ・納豆など、
さまざまな発酵食品に存在しているのです。
もちろん、その中にチーズも入っていますよ!

ですので、ブルーチーズに関しては、身体にのあるものではないのです。

しかし、他のカビは違います。
黒カビや赤カビは、身体に悪影響を及ぼす危険性のあるカビです。
カビが生えていることを確認したら、すぐに殺菌して落とすようにしましょう。

カビは肺がん発症原因の第2位とも言われています。
また、人によってはアレルギー症状を引き起こすこともあるので、
「カビ=があると」いうのは、間違ってはいません。
ただ、ブルーチーズのように、食べることができるカビもあると言うことを
知っておいてください。



posted by カビ取り at | 食べ物のカビや種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。