寝室のカビ防止の方法


寝室はどのようにカビ防止の対策を取れば良いのでしょうか?

寝室は、疲れた身体を休める大切な場所ですよね。
ですので、カビが生えたとなると、リラックスすることもできません。
寝室は、寝る時にはドアを閉めるので、密室になります。
ですので、カビの胞子が舞っている空気を思い切り吸っている可能性もあるのです。
想像しただけで気持ちが悪いですよね…。
寝室のカビ対策をしっかりとしていないと、
どんどんカビの胞子が増えてしまう可能性があるので、
日ごろから何らかの対策を取ることが大切になるのです。

スポンサードリンク

人は、寝ている間に約50gの汗をかくと言われています。
その汗は布団に吸収されるだけでなく、空気中にも蒸発しています。
ですので、換気をしてしっかりと湿気を取り除くことが、
カビ防止の最善の方法となるのです。

また、晴れた日には布団を干して、乾燥させましょう。
布団乾燥機などがあれば活用してください。

また、布団を畳やフローリング、カーペットなどに
敷きっぱなしにしている方はいませんか?
布団を敷いたままにしておくと、湿気が逃げずカビやダニの
繁殖の原因になってしまうのです。
また、温度も高いまま保たれるので、余計にカビが発生しやすくなるので、
注意してくださいね。



posted by カビ取り at | お部屋の汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。