畳のカビ防止のためにできること


畳のカビ防止のためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?

「畳にカビが生えるの!?」と、驚いた方も多いと思います。
日本は湿気の多い国なので、畳にもカビは生えてしまうのです。

特に、新しい畳を使っているご家庭は注意が必要です。
なぜなら、新しい畳は呼吸をしているので、古い畳よりもカビが発生しやすくなっているからです。

畳のカビ防止のためには、しっかりと換気をすることが大切です。
また、同じ場所に何年も物を置いておくと、その下の畳にカビが生えてしまうことがあるので、
畳にはなるべく物を置かない方が良いです。

スポンサードリンク

晴れの日には窓を開け、換気をしましょう。
また、畳の隙間に汚れがたまっていると、カビの栄養となってしまい、
カビが発生しやすくなります。
こまめに掃除をして、畳の隙間まできちんと掃除をしましょう。

もしも、一面にカビが生えてしまったら、畳をとりかえる必要があります。
見た目では、カビがはえていないように見えても、カビの根が残っていて、
人体に悪影響を及ぼしてしまう危険性があるからです。

また、カビは肺ガンになる第2位の物質とも言われているので、カビを放っておくのは
非常に危険です。
カビが生えているのが分かったら、すぐに落とすようにしましょう。



posted by カビ取り at | お部屋の汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。