室内のカビ対策


室内のカビ対策の方法をご紹介したいと思います。

今回は、室内の中でも特にカビの生えやすい「キッチン」について、ご紹介していきます。

キッチンは水を良く使用するので、湿度が高くなっており、
加熱調理をするので、温度も高くなっています。
また、食べ物のカスや調味料なども多くあるので、カビが生えやすい環境になっているのです。

つまり、定期的にカビのチェックをしないと、
「こんなところにカビが…」という事態になってしまうかもしれません。
キッチンの引き出し、冷蔵庫の中、流しの下など、
カビの温床になる可能性が高いので、定期的にチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

また、シンクの中や流しの排水溝などに、カビが生えてしまった時は
スプレー式のカビ取り剤を使うことをオススメします。
まんべんなくスプレーをしたら、1時間ほど放置しましょう。
そして、クレンザーなどでカビをこすると、かなりキレイに落とすことができるので、
試してみてください!

キッチンのカビは、油汚れと合体していることが多いのでなかなか落ちません。
そんな時は、塩素系漂白剤を使って30分〜1時間程度放置し、
たわしなどでこすると落ちやすくなります。
キッチンでカビ取りをする時は、換気扇を回すことを忘れないでくださいね!



posted by カビ取り at | お部屋の汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。