黒カビの取り方


黒カビの取り方について、詳しくご紹介したいと思います。

黒カビは特にお風呂場によく発生します。
掃除をしても、なかなかとれないだけではなく、
身体に悪影響を及ぼす可能性のあるカビなので、発見したらすぐに落とすことが大切になります。

また、黒カビが発生しやすい場所として、
「お風呂場のパッキン部分」が挙げられます。
ドアの隙間やシャワーのホースなど、黒カビが点々と付いているご家庭も
多いのではないでしょうか?
黒カビに効果があるのは、「重曹」です。
重曹は色んな場所の掃除に使うことができるので、
家庭に用意しておくと大変便利ですよ!

スポンサードリンク

重曹を黒カビ部分にふりかけてこするだけでも効果はあるので、
一度試してみてください。
それでもカビが落ちない場合は、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使いましょう。
この時に使うのは、ジェルタイプでも泡タイプでも、どちらでもOKです。
ポイントは、黒カビ部分に塩素系漂白剤をつけたら、「放置する」と言うことです。
塩素系漂白剤は、乾きやすいので、ラップなどで覆っておくと、より効果的です。
30分〜1時間ほどおくのが良いと言われていますが、
確実に効果を出したいなら、半日〜1日おくと良いです。
カビの根までしっかり浸透して、真っ白になりますよ!



posted by カビ取り at | 食べ物のカビや種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。