カーテンのカビの取り方


カーテンのカビの取り方について、詳しく見ていきましょう。

まず、一番大切なことは、「カビが生えていることに気づいたら、
すぐに対処する」と言うことです。
カーテンのカビには種類がたくさんあります。
代表的なものを挙げてみると、青カビ・白カビ・黒カビです。
中でも、黒カビは普通に洗濯をしただけでは落とすことができません。

では、どうするのか?

スポンサードリンク

黒カビが発生した時は、塩素系漂白剤を使うと良いです。
使い方としては、お湯に塩素系漂白剤を混ぜて、つけおきをするだけです。
とても簡単な方法ですが、かなり効果があるので、試してみてください。
レースなど、真っ白の場合は何も考えずに漂白をして良いのですが、
色柄もののカーテンの場合は、一緒に漂白されてしまうことがあるので、
使用方法や注意書きをよく読んでから使用するようにしましょう。

具体的な使用方法は、バケツなどに70度くらいの熱湯を入れ、
1〜2%の塩素系漂白剤と洗剤を入れます。
このとき、重層があれば小さじ1杯程度入れてください。
そして、10分程度つけおきをして洗濯をするだけです。
念のため、すすぎは2回してくださいね。
お湯が熱いので、ヤケドに気をつけながら作業をしてください。
乾燥させる時は、シワをしっかり伸ばしながら乾燥させるとキレイに仕上がりますよ!



posted by カビ取り at | お部屋の汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。