浴室のカビ対策


浴室のカビ対策として、有効なことをご紹介しましょう。

そもそも、なぜ浴室にカビが生えてしまうのでしょうか?
その理由は大きく3つあります。
○お風呂の室温がカビが繁殖しやすい温度(20〜30度)になっている
○お風呂の湿度がカビが繁殖しやすい湿度(80〜90%)になっている
○石鹸カスや毛髪、人のアカなど、栄養源となるものがたくさんある

つまり、浴室のカビ対策として有効な方法は、
この3つの理由を消していくことなのです。

では、対策方法を具体的に見ていきましょう。

○石鹸の飛び散りを洗い流す
お風呂の残り湯やシャワーを使って、壁や床にかけます。
シャンプーやボディーソープなどが残っている場合があるからです。

続きを読む
posted by カビ取り at | お風呂掃除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餅のカビ防止の方法


餅のカビ防止の方法をご紹介しましょう。
 
は、すぐにカビが生えてしまうのでカビが生えないように、
何らかの対策を取る必要があります。
一番簡単な方法は、「冷凍すること」です。
解凍するのが面倒ですが、カビが生えにくくなります。

続きを読む
posted by カビ取り at | 食べ物のカビや種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木製の物のカビの取り方


木製の物のカビの取り方について、ご紹介します。

「えっ!?木製の物にもカビが生えるの!?」と、
驚いている方もいると思います。

カビは家庭にあるものの、ほぼすべてに生える可能性があるものです。
ですので、木製の机やたんすなど、カビが生えるケースも考えられるのです。

カビを取ると言えば、塩素系漂白剤などのカビキラーやハイターなどでとることを
イメージする方が多いと思います。
もちろん、それでも良いのですが、木を傷めてしまう可能性もあるので、
できるだけ優しく落とせる物をご紹介します。

続きを読む
posted by カビ取り at | お部屋の汚れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁紙のカビの取り方を詳しくご紹介!


壁紙のカビの取り方についてご紹介します!
壁紙にカビがはえてしまうと、なかなかとれませんよね。
カビキラーを使う方法もありますが、
部屋で使うことに抵抗がある方も多いと思います。
特に、部屋で使うと臭いがきつくて、気分が悪くなってしまう人も多いようです。

古い建物の壁にはカビが生えやすいと言われているので、
今住んでいる建物が古い方は要注意です。
カビが好む梅雨時期になると、カビが生えてしまうかもしれません。

一般的に壁に生えるカビは、「黒カビ」と呼ばれるもので、
カビの中でも「落としにくいカビ」の部類に入ります。

しかし、あるものを使えばあっという間に
カビを落とすことができるのです!

続きを読む
posted by カビ取り at | 壁を綺麗にするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁紙のカビとりの方法


紙のカビとりはどのように行えばよいのでしょうか?


にカビが生えるなんて信じられない…」と、思う方もいるでしょう。
特に、古い建物のにはカビが生えやすいので注意が必要です。
壁に生えるカビは、黒カビが多く、なかなか落とすことができない
少し厄介なカビなのです。

しかし、あるものを使えば、意外と簡単にとることができます。
そのあるものとは…「石鹸」です!

続きを読む
posted by カビ取り at | 壁を綺麗にするには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。